リーズナブルなBluetoothワイヤレスイヤホン:JBL TUNE110

仕事効率化
この記事は約4分で読めます。
10まる。
10まる。

こんにちは。10まるです。
ワイヤレスイヤホンを探そうとしてあまりの数の多さと種類に時間を使い過ぎていませんか?
今回は数あるBluetoothイヤホンの中でも安くて性能のいいワイヤレスイヤホンを紹介します。
それは・・・JBLTUNE110です!定価で3400円くらい2000円(20年5月)です。

JBL TUNE 110BT

オススメしたい人
・イヤホンの線が鬱陶しい
・通勤通学中にお手頃価格で買えるイヤホンを探している
・完全ワイヤレスイヤホンは落としそうで心配(たまに走ったりする)
スポンサーリンク

Bluetooth式のワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホンはまず次の2つに分かれます。
実際にはより詳しく見ていくと片耳タイプやネックバンドタイプ、ボックスタイプなどありますが、基本的には線が有るか無いかが大きな違いとなります。

完全ワイヤレス型(左右分離型)

ケーブルが一切なく両耳に装着するだけの完全な無線型イヤホン

メリット
・コンパクト
ハイエンド型が多く高音質なものが多い
・最先端

デメリット
高い
・落としやすい
・連続再生時間が短いものが多い

例えばこんなものです。

ちなみに、完全ワイヤレスイヤホンの記事もありますのでよければ読んでみて下さい。

ワイヤレス型(左右一体型)

左右のイヤホンがケーブルで繋がっているイヤホン

メリット
・種類が多い
安い
・様々なシチュエーションで使用可能

デメリット
種類が豊富なため選ぶのが難しい
・首回りの線が気になる

10まるが最初にワイヤレスイヤホンを探し始めたときにはあまりの多さに困り果てました。
ただ、絶対に求める条件は次の2つでした。
① 安くて音質が良い
② マイク越しに会話ができる

今回、私が紹介するのは左右一体型イヤホンでかれこれ2年以上使い続けている、JBLTUNE110です!

JBLのTUNE110のオススメポイント

10まる。
10まる。

左右一体型は種類が豊富なので選ぶのに色々と苦労し時間がかかりました。
もし同じようなタイプのイヤホンを探している方がいればTUNE110はオススメできます。

まずはその安さと音質の良さです。
正直これだけでもオススメできます。
また、実際に使い始めて期待を裏切らなかったのは下記のポイントです。

・2時間の充電で6時間の連続使用ができる
・イヤホン内蔵のマグネットで首回りで線が絡まずまとまる
2年近く壊れなかった
10まる。
10まる。

ちなみに完全に聞こえなくなる予兆として声にエコーがかかり始めたり、接続が急に切れるようになりました。
その後1か月ほどで壊れましたが、この安さなので十分に回収できたと思います。そして壊れた日には色違いを買いました笑

TUNE110のリモコンでできること

音楽の再生時には音量調整は当然ですが、曲の頭出し/スキップが可能です。
これは結構重要です。

もちろん着信時にはリモコンで電話を取る/切るが可能です。

まとめ

今回、私が紹介したのは左右一体型イヤホンでかれこれ2年以上使い続けているJBLのTUNE110です。
私と同じように安くて長く使えて音質がいいものを探している人は一度試してみて下さい!

\\Thank you for your reading!//

コメント